tisdag 16 oktober 2018 kl. 00:20 v. 42

15 okt. 20.30:

Höjd beredskap 3

16 okt. 4.30, 12.30: Repris


14 Okt. 16.00:
Markestads missionshus

10 Nov. 16.00 och 18.00:
Equmeniakyrkan Nybro


Bibelns budskap

Ladda ner som PDF!


Midnattstid

Ladda ner som PDF!


Aktuell bok


Dags att ta vakna upp


Aktuell bok

Läs mer!


エルサレムと神殿の丘のための戦い - ホルガー・ニルソン

エルサレムと神殿の丘のための戦い - ホルガー・ニルソン


公開された2005年9月


「エルサレム、主はイスラエルのすべての部族のうちから選ばれた都市は、そこに彼の名前を置くために。」 1クロンを。12:13

そのイスラエルがパレスチナ人にガザを離れた後、新たな目標に戦うために彼の声を上げます。私たちは長い間、それは本当に主な目的であるエルサレムであることが知られています。これは、期間中に様々な書類に浮上しているし、それはまだ表示されます。
私たちは、例えばパレスチナ首相アハメドQueri 8月にガザ地区の避難直後に言ったことを再現することができます:「エルサレムのための戦いが始まった、そして、それは危険な戦争です。」
エルサレムは、このような大きな違いがある理由の一つは、求めることができますか?私たちはこの質問に答えるのであれば、我々はこの中に含まれている精神的な次元を理解する必要があります。私たちが神の計画で見よとき、私たちは私たちの時間で何が起こっているかに広い視野を得ることができます。それは、私たちはその日のイベントの完全な理解を得ることができるようにするために、この精神的な現実は、画像に入ってくるです。
我々は950、F。のKrのように時間にまで遡って行けば、私たちは、エルサレムの神殿初のソロモンの献身の時です。私たちは、1キングスで、この就任式について読むことができます。8:10-13:「しかし、とき司祭は、寺の外に行ってきました雲主の家に会った、雲の酒の司祭は、大臣に立つことができなかった:。主の栄光のために主の家を満たしたソロモンは言った、」主は、彼が厚い闇の中に住むであろうと述べています。私はあなたのための壮大な寺院、あなたは永遠に住むための場所を構築しています。」


出そう最初の寺院ことになっているかの絵。

神の栄光が神殿を満たし、それが主のための寺として言及されました。これは、私たちがエルサレムに接続されている特別な方法でどのように神を見ることができる通路のうちの1つにすぎません。すでに5例インチ 12:11には、私たちは神が場所を選択すべきであることが分かります「彼の名前を配置する」を
エルサレムは、このように神ご自身が選択した都市です。この観点から、それはそう、この都市の周りにはかなりの攪拌があることも不思議ではありません。
Avsvurne神の敵、悪魔は、この町に神と神の関連付けの証言であるすべてのものを一掃するために非常に興味を持っています。
このような観点による場合は、振り返ってみると、1本の現実を見ることができます。神の啓示とエルサレムに関連付けるには、そのプライム寺を重視し、それが上に構築された場所にあります。この場所では何の寺院は現在ありませんが、二つのモスクは、しかし、があります。オマル・モスクは、岩のドームとエルAKSAモスクとして知られています。

これは、これらのモスクがあることを偶然以上のものとして見ることができます。 これは、場所は本当にに証人を負担するかについて人々を混同しようとする悪魔の道の現れと見ることができます。一つは、この場所の上に精神的な戦いの話をすることができますし、それはまた、寺院の敷地内や周り起こった戦いを通して表現されています。寺院は70 ADのエルサレムの破壊によって損なわれた後、その後、荒涼としたように寺院のサイトを来ました。
135でバーKochbaの反乱を打たローマ皇帝ハドリアヌスは、このと一緒に寺のサイトで木星の名誉に神社を建てました。ローマ皇帝コンスタンティヌスが300年代を取り壊すために許されるまで、それは存在していました。

614でペルシャエルサレムを襲撃し、彼らはキリスト教徒の大虐殺を行い、教会や修道院が荒廃しました。ペルシャ帝国の間に、エルサレムは長期的なものではなかったです。それは、代わりに、イスラム教徒の時代はあることを来ると、それは多くはそれ以来、寺のサイトを特徴付けているこのです。Skovgaard-ピーターセンは、ブックKällsprångens国、サイトの運命の占いの説明を与える:
「それは戦場とdunghillされている、それは砂利で立ち上がりおよび立ち下がり、木星を見ている、と半月の記号の下にあった1000年の間となっています。しかし、短い時間では、最後のビザンチン皇帝と十字軍の際クリスティの福音書は、旧サイト上の足場を持っていました。また、寺院、キリストの後、キリストの十字架の敵のためのたまり場となって前に。半分の月がクロスを嫌うために。」
カリフオマールは638にエルサレムを征服したとき、彼は寺を行って、アッラー、イスラム教徒の神を崇拝していました。彼は神聖な岩の木にモスクを建てました。
それも、今日は寺で見ることができる壮大なモスクを建てた後のカリフ、アブドゥル・アル・マリク、でした。オマールモスクと岩のドームとして知られているこのモスクは、それが第六百九十一に終了しました


ヘビモスク

十字軍の間に、しかし、いくつかの時間のために絵を変更しました。神殿の丘バーのモスク時に金色のクロスのキリスト教徒は、サイトのコントロールを持っていた時間の間に。スルタンサラディンが、キリスト教の渡りオマールのモスクは、無限の喜びの間に地面に投げ落とされたことが、その後言われている10月1187.にエルサレムの征服におけるキリスト教の影響を壊したときのシーンは、しかし、劇的に変化しました。それは最終的にはバラバラに壊れていた切りっぱなしの前に続いて2日間通りを通って、それをドラッグ。
今日はオマールモスクの上に置かイスラム三日月を見て、さらに、一つはアッラーに祈り神殿の丘上の地面に向かって曲がっイスラム教徒の光景を見張ることができます。これはkorshatande宗教によって支配されている寺院サイトの現れです。
そのキラリと光る金のドームのモスクと神殿の丘のこの絵は、エルサレムの最も一般的なイメージです。これは、スカイラインを支配した画像です。これにより、あなたは神が選んだ場所の歪んだ画像を取得します。タンクは今、イスラム教徒アッラーの苦しんでいます。
それは、神の真の崇拝の方法を悪魔のコピーを表示するには、この中であり、それに似ている何かに置き換えます。これは、マーティン・ルーザー神の猿、神の仕事を模倣するいずれかの悪魔を呼び出して何のためではありません。
私たちは、テンプルスクエアで複数のこのような模造品を見ることができます。代わりに、寺院のモスクが用意されました。イエスのさえ昇天がエルサレムから持ってきた、それはイスラムの伝統に対応するものです。ムハンマドが昇天もが経験したことを、この中で語られています。これは、あなたがモスク内で表示されている神聖な岩から発生してしまうことを意味します。
それは、あなたが何を意味するかもこのアセンションに関連付けられているムハンマドのフットプリントが表示されます。これは、オリーブ山の昇天のいわゆるチャペルで地球上のイエスの最後の足跡と言われているフットプリントへのカウンターウェイトとして見ることができます。

寺のサイトでスピリッツドームと呼ばれるものもあります。 また、配電盤ドームのために呼ばれています。それは寺で聖なる場所を一度に位置していた場所に建てられたと考えられています。イスラム教徒は、このドームを作っていたので、そこにあります。この建物は、神の啓示の場所であると考えられているものの上に構築されていることは注目に値します。
誰スピリッツのドームを建てたことはオマールのモスク、アブドゥル・アル・マリクの建設の後ろに立っていた同じ人でした。アブドゥル・アル・マリクは墓の教会のドームの壮大さと美しさを見たとき、アル・Maqdisisの名前で彼に甥はこのドームの建物の原因を語る、」、彼はそれがイスラム教徒の心をあおるだろうと心配していたので、今見ることができます岩のドームを振る舞っそこに。「
今、私たちは、ユダヤ人は嘆きの壁で祈りを再することができので、エルサレムの旧市街を取り戻し、、大きなイベントの部屋、6日間の戦争を取る1967年に、現代まで移動した場合。これは我々が題した私たちの記事では、約読むこと、精神的な世界にどのように重要だった:「エルサレムの重要性について予言ビジョン」


慟哭

このような背景で、今神の寺院であるかの事実は、我々はこの場所での証言は今ある作品によって消滅試みられている方法を理解することができます。
このに熱心で、誰でも神の敵、悪魔です。寺院のサイトがあることを意味していたものの絵を変更することで、この場所からの証言は、それがどうなるかは全く異なるとなっています。
しかし、この絵は最終的なものではないだろう。神は明確な彼の復旧計画を持っており、それは我々が我々の時間で実現見るものです。私たちは、ユダヤ人が自分たちの国へとエルサレムの街に戻ってきたかを確認します。
今、私たちは、主ご自身が彼の選択した場所に戻りますことを、すなわち、復旧計画の次のステップに直面しています。エルサレムと聖なる山。これは私たちに、彼は主の言葉を身に着けて立ち上がる預言者ゼカリヤを、保証した場合:「こうして主は言う:私は戻ってシオンに変わり、エルサレムに住むます。エルサレムは「忠実な町、」とホスト岩の主、「聖なる山」と呼ばれなければなりません。ツェッヒ。8:第3回

プリント 印刷!


© www.flammor.com




Holger Nilsson

| Permalänk | Language: af ar az be bg bn bs ca ceb cs cy da de el en eo es et eu fa fi fr ga gl gu ha hi hmn hr ht hu hy id ig is it iw ja jw ka km kn ko la lo lt lv mi mk mn mr ms mt ne nl no pa pl pt ro ru sk sl so sq sr sw ta te th tl tr uk ur vi yi yo zh-CN zh-TW zu sv
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Fler artiklar

Flammor på Youtube - följ!
Predikantpool
Detta är en ny satsning som vi presenterar här. Den går helt enkelt ut på att förkunnare som vill stå till förfogande för kallelser till församlingar, gör det mot endast reseersättning.
Läs allt!

NU - kraftigt nedsänkt pris!

Senaste artiklarna
130 000 raketer mot Israel!
Vilket land skulle stå ut med att ha cirka 130 000 raketer riktade mot sig?...
Närradiosändning i Vetlanda
Premiärsändning på YouTube från Holgers närradioprogram i Vetlanda. Tryck på spe...
Flammor som pdf
Nu går det även att prenumerera på Flammor som pdf. Vi vänder oss särski...
Anfall mot Sverige
Vi har återigen fått en påminnelse om att vi inte skall vara för säkra angåe...
Moraliskt förfall utan motstycke
I samband med boksläppet av den nya boken, Han och hon, talade Holger Nilss...
Nytt nummer!
Det nya numret av Flammor har nu kommit ut.I nr 3 kan Du läsa om: Sven...
Boknyhet!
Nu kan Du beställa den nya boken: Han och hon  Livsviktig relation....
Populära artiklar
Kampen om Jerusalem och tempelplatsen - Holger Nilsson
function TellFriend(ref) { var str="toolbar=no,status=no,menubar=no,l...
Kontakta oss
Om du har frågor om Flammor, är det bara att kontakta oss!Det gå...
ISRAEL
130 000 raketer mot Israel!
Israel 70 år 2018
Israel 70 år
Israel 70 år
Israel 70 år
Debatt på sandaren.se
Insändare i Sändaren
Insändare i Hallmedia
Ryssland hotar Israel
Gud räddade Israel 1973
Dramatik i Israel
Palestinskt dubbelspel
Judarna flyr nu till Israel
Betald terrorism i Palestina - Holger Nilsson
Ett Guds under i Gaza-kriget - Holger Nilsson
Betald terrorism i Palestina - Holger Nilsson
Uppfostrade till att hata - Holger Nilsson
Guldgossarna Abbas och Arafat - Holger Nilsson
Palestinierna avlönar terrorister - Holger Nilsson
En ständig kamp mot Israel - Holger Nilsson
Striden om Tempelberget - Holger Nilsson
Hamas bär det totala ansvaret - Holger Nilsson
Hamas stadgar - Holger Nilsson
Hamas dödar sina egna barn - Holger Nilsson
Hamas lär barn att döda judar - Holger Nilsson
Hamas och Gaza - Holger Nilsson
Hamas väljer krigets väg - Holger Nilsson
Förbundsarken återupptäckt? - Holger Nilsson
Ett nytt tempel i Jerusalem - Holger Nilsson
Guds kärlek till judarna - Holger Nilsson
Fynd i Israel bäddar för konflikt - Holger Nilsson
Nu formas Gogs krigståg - Holger Nilsson
Ledaren för Gogs krigståg? - Holger Nilsson
Ödesdigert beslut - Holger Nilsson
Antisemitismen ökar kraftigt - Holger Nilsson
Spänningen stiger i Mellanöstern - Holger Nilsson
I Egypten ber man om judarnas död - Holger Nilsson
Fel väg valdes i FN - Holger Nilsson
Irans hot mot Israel - Holger Nilsson
Hatet mot judarna - Holger Nilsson
Vem ligger bakom hatet mot Israel? - Holger Nilsson
Genom vilka redskap uttrycks hatet mot Israel? - Holger Nilsson
Ödesmättad kamp om Jerusalem - Holger Nilsson
Vem har rätten till Jerusalem? - Holger Nilsson
Begäran om Palestinsk stat - Holger Nilsson
Palestinsk stat - ett ogrundat krav! - Holger Nilsson
Arabisk revolution - får Israel betala priset? - Holger Nilsson
Palestinier och Hamas avslöjar sig - Holger Nilsson
Israel lever på en vulkan - Holger Nilsson
Israel - ett profetiskt tecken - Holger Nilsson


Tidsmaskin


Flammor, Maskingatan 13, 574 33 Vetlanda
Telefon: 0383-161 64 | E-post: info@flammor.com | Hemsida: www.flammor.com
Ansvarig utgivare: Holger Nilsson

Vilka läser Flammor.com?
MediaCreeper

Kristen Topplista från JesusSajten.se

© www.flammor.com 2002 - 2018